読メモ ~dokumemo~

自分で読んで大事だと思ったフレーズ集

読書メモ20130204

強いから許せるのではありません。
人を許せたときに、人は強くなれるのです。
人を許せたときに、人は優しくなれるのです。

許せない人が現れたとき、
それはあなたが成長するチャンスが来たということです。
あなたの魂のステージが上がるチャンスが来たということです。


日本一の個人投資家竹田和平さんは、
「お金をどう稼ぐか」ではなく、「お金を何に使うか」を
先に決めるのだそうです。
その使い道が多くの人の喜びにつながるようであれば、
お金は自然に入ってくるからだと言っています。

「お金は使えば三倍入ってくる」(新庄剛志
ポイントは「とにかくみんなを喜ばせたい」という気持ちだそう。

周りを観ても、使い道がはっきり決まっている人には
大きなお金が集まっています。
お金が貯まったら何しようかなと思っている人のところには
お金は集まりません。
使い道が決まっている人のところにお金は行きたいんです。


気を抜いた「過失」は、成功につながらない。
気の入った「失敗」は、成功につながる。


人生ゲームも、本物のお金をかけたらゲームが楽しめなくなります。
あなたはお金が好きですか?
お金は好きでも嫌いでもいいんです。お金儲けというゲームが
面白いと思える商人のマインドを持ちましょう。


「この人と一緒にやったら、楽しくないことも楽しくなる」
と思ってもらえることが、自分ブランド。

本を挙げて、「この人が薦める本なら、間違いなく面白い」と
思ってもらえることが、ブランド。

その人がすること、薦めるものを選ばないで無条件に受け入れられることが、ブランド。

あの人に聞くと、いつも面白いモノを教えてくれるという存在になっていることです。

自分のブランドは、わくわくを蓄積することでつくられます。
人にワクワクを与えるためには、自分もワクワクすることです。
完全に音を消した状態で映像を観たときに、「この人、面白い話をしている」と、わかることが大切。

メッセージは、話の中身よりも、その人の表情で伝わります。


無表情が一番老けて見えます。
何もしないと、気がつかないうちに、無表情になっていきます。


好きなものに、正しい・間違いはありません。
正しいとか間違っているとか、選んでいる時間がもったいない。
すべて間違っている人のほうが、面白いです。
ワクワクさせるのは、間違っている人です。
自分の世界を追いかけている人に、
正しいか、間違っているかを考えているヒマはないのです。


「この人の言うことなら、なんでも面白い」と思われる存在になる。
「聴いてよかったら買う」という人は、ファンではない。
「そのアーティストの新曲なら必ず買う」ということで、
ブランドはできています。
「その人ならなんでもいい」というサポーターも生まれます。


ブランドがある人は、営業は一切しないのです。
営業していたら、ブランドはどんどん消耗していきます。
「わたしはこんなに好き」ということは、まったく宣伝しなくてもいい。
ひと言、言うだけで、この人がどのぐらいその対象が好きなのか、
話すときのエネルギーでわかります。
この人は自分に仕掛けています。
どんどんハードルを上げて、自分自身にもっとオーダーを出していきます


何を観てもネタになるのが、自分ブランド。
なんでも好きなものに結びつけよう。


高いところを目指せば目指すほど、
「わけわからないよね」と言われて孤立するのが自分ブランド。
みんなからほめられたり、大勢の人に理解を得ることは、自分ブランドではありません。


「ちょっと違う論理のところにこいつはいるぞ」というのが孤立です。
みんなから「わかるわかる」というレベルにいたのでは、
自分ブランドになっていないのです。
「この料金は妥当だよね」というのはブランドではありません。
実際に買っている人に安いと感じさせることです。


モテる同姓をねたんだり、悪口を言ったりしている人は、
学習努力が足りないのです。
学習する人は、悪口を言いません。
「どうやっているの?何が違うんだろう、教えて」と聴きます。

モテる人には、モテるだけの理由があるのです。
理由なくモテているのではなく、ちょっとしたことが違うのです。
それを、「ああまでしてモテたくない」と言うのは、ひがみ根性です。

向上心の否定です。
どんな手を使ってでも、モテたほうが、人生は楽しいです。
自分にもパワーが出てきます。
モテる人は、モテることを通して、さらに学習していきます。

だから、モテる人はますますモテて、
モテない人はますますモテなくなります。
勉強ができる人が、ますます勉強するようになるのと同じです。
勉強ができない人は、ますます勉強しなくなります。


本当に会いたければ、どんなに忙しくても時間を作って会います。
本当は、「会いたいという魅力が感じられないから」
会ってくれないのです。
嫌われるほどにも、相手に思われていないということです。


彼女は、この人に相談してもヘンな説教をたれないという安心感をもっているのです。
魅力がある人とは、「みんなとは違うことを言ってくれるだろう」という期待を持てる人です。


無謀なことをしようとすると、「世間はそんなに甘くないよ」と言います
でも、甘くないことをやってみるのも楽しいものです。
「甘くないよ」と言うよりは、
ヤバくなった時に助けてあげる人の方が魅力的です。
「甘くないよ」と言う人は、失敗した人を「ほら見たか」と踏んづけてしまうのです。
~説教より協力してあげよう~


正義を振りかざす人は、つまらない。
正義の味方ほどつまらない人はいません。
悪のほうが魅力があります。
発想に弾力性を生み出してくれるからです。
正義は、親から習い、先生から習い、上司から習っています。

でも、何かに悩んでいて相談してくる人は、今さらそんなことを聞くよりは、
「そんなこともあり?」という正義からズレたところにあるもの、
正義と悪の間にあることを聞きたいのです。


「意外にこうなんだ」と思われた時点で、
もう一段のギャップが生まれます。
人間は、キャラクターの束でできています。

相手に魅力を感じさせるには、
それぞれのキャラクターの落差を使えばいいのです。
ところが、相手がこういう好みだろうと思って、
それに自分を合わせていけばいくほど、落差が生まれなくなります。
一つのキャラパターンにハマってしまうのです。

相手の予想どおりのパターンになると、
一回会ったら、二回会う必要はないと思われてしまいます。
キャラは、ムリに出す必要はありません。
普通に話していて、ポロッと出てくる裏キャラを発見した時、
相手は魅力を感じるのです。

ところが多くの人は、普通に出せばいいギャップを隠そうとしてしまう。
自信のないところ、コンプレックスのあるところを隠していると、
逆に、せっかくのいいところが相手にわからなくなります。

長所は見せるのに、短所は見せようとしません。
長所だけ並べられても、あまり魅力はないのです。
長所と短所の落差に魅力があるのです。


これだけのアウトプットがあれば、
その100倍以上のインプット、トライ・アンド・エラーがあることは
がんばっている人にはわかります。

煮詰まりから抜け出すためには、自分の問題に引き寄せて考えることです。
ある課題を与えられた時に、みんながどうやってその課題を解決したのかを聞いてしまう人は、
その問題から逃げている人です。

自分がかかわっているのだから、少なくともほかの人とは
違うものを何か1%でも入れたいというところに命をかける。

今の自分の仕事のやり方では、誰がやっても同じ仕事になるということに
気づくことです。


誰もが「人を喜ばせることが好き」と言います。
でも、どういうふうに人間がせつなく悲しい気持ちになるのかが
わからなければ、人を喜ばせることはできません。

借り物の言葉しか言えないことに悩むキミに。

借り物の言葉しかいえないことに悩むきみに。

 

自分の頭の中にある感情を出せず、
言いたいことが言えず
周りに訴えたいことがあっても
それをかくして無難な言葉でごまかしている自分。


他人の顔色ばかりうかがって話していると、
どこかで聞いたことのあるような耳障りのいいフレーズすぎて
血の通っていない言葉になる。
本音で話しているとはとうてい思えない言葉になる。

 

他人に認められたいあまり、どんなことを言えば相手が喜ぶか
評価されるかを考えすぎると、「自分の考え」がなくなってしまう。

 

相手の求めている言葉をそのまま出しても何の驚きもないし、
あなたと話していても何もおもしろみを感じない。

 

「人から認めてもらう」ことばかりを考えて言葉を作ってしまうと、
肝心の「自分」が抜け落ちてしまう。

言葉に自分が宿っていなければ、嘘くさくなり、人の心を動かせない。


「教えたい」は言いたいと認められたいの中間。
そもそも教えたいという感情は、本音がベースでないと決してわき上がってこない。

 

「正解」を言うことを考えるのではなく、
自分の意見を伝えるために、どうすればいいのか工夫する。

 

わたしらしい言葉を形作り、
あなたに意見を聞いてよかった、と思ってもらえる
個性的な言葉。

納得できないことをやろう

いざ「そのとき」が訪れたとき、
万全のコンディションで行動できてしまう。

「やってみたい」を大事にする。


映画にR指定があるように、
人間としてR指定になるぐらいの
覚悟を持たなければいけません。

R指定は、すべての人に受け入れてもらうわけではありません。
しかし、すべての人に受け入れてもらおうとすると、
無難にいしていこうという気持ちが働いてしまいます。

すると、その時点で存在感は薄まっていきます。
それよりは、これがわかってもらえる人をどれだけ
つくっていくかというほうが大事です。


「自分がいなくても会社は回っていく」という開き直りが
持てた時、初めて自分の本当の役割ができる。

相手に見えていない部分が、実は一番見えている。


第三者からではなく、あなた自身が活動の場を与えることが
できたら、エネルギーを出すことができる。

自分の内側にある感情や欲求というエネルギーのもとを
どう出せばいいかわからない時は、
その感情や欲求の活動の場をつくることです。

それがある時は趣味になり、ある時は仕事になる。
あなたの感情や欲求がステージにでて発露された時、
初めてあなたの存在感がでてきます。


人間の脳は「重要なこと」だけを記憶するようにできている。
記憶に残すためには、ただ「入力された情報が重要である」ことを、
脳に教えてあげればよい。

脳が「重要である」と判断する基準は、たった二つ。
それは、「何度も使用される」か「感情が動いた」か。

アウトプットとは行動。
小さなアウトプットが、自分の行動、習慣を少しずつ変えていく。


人生を変えたければ、やることは一つ。
それは、納得できないことをやってみることだ。
自分の納得できることしかやらないのは、
これまでの自分の殻に閉じこもっていることと同じだから
人生はかわらない。

自分の殻を破らなければなにもかわらない。
自分の殻を破るということは、これまでの自分の常識を打破する
ということだ。


読書は人類最強の武器です。
 読書には人生の様々な模範解答が溢れ返っています。
 将棋の名人への道も必ず定石のパターン暗記から始まります。


面接官は採用のプロではなく、満員電車で鮨詰になって通勤している
 ごく普通のサラリーマンの一人だと気づけば、一歩前進です。

 

自分の才能に気づく方法メモ

自分の才能に気づく(中谷読書メモ)

 

才能は、新たに学習して身につけるものではない。
気づくこと、目覚めること、思い出すこと。

 

周りの人をほめることができるものは
その人の才能がある部分。

 

他人をけなしている部分はその人の持っているものに
自信がないから。

 

何げなしにほめていることが、自分の中にある才能。
けなしていることがほめられるようになったら
才能が成長したあかし。

 

あの人うまくなったね、と感じる瞬間が
自分がうまくなった瞬間。

 

自分自身にも隠れてする練習は
練習している意識がまったくない。
好きなことは、観られているかどうかを超えてやっていること。

 

自分自身で才能だと思ってるものは、意外に違う。
「こんなのは、才能でもなんでもない」
と思っていることが才能。

 

なかなか気づかないことが才能。
気づいていることが才能ではない。
どうだ、すごいだろうと見せたくなるのは
どこかでできない部分を持っていること。

 

好きなものを見極めようと思ったら
逆に速くやってみる。
好きなものを見極めるためにスピードをつけると
よけいなことを考えている暇がなくなる。

ゆっくりやるからよけいなことをいろいろ考えてしまう。

 

才能は考えても見つからない。感じること。
感じることで才能は見つかる。
感じるためにはスピードをつける。

 

ベスト5をあげていくことで自分自身のキャラクター分析できる。

やりたいことは毎日生まれる。
何かをすることで次のやりたいことが生まれる。

 

今度あれをしたい、次はこうしたいと思いついたことは
次々書き出して次々やってみること。
それをどんどんやっていくことで
自分の才能に気づき、才能に恵まれていく。

 

才能を磨いて、職を得るのではない。
職を通して、才能を磨く。
才能は仕事を手に入れるための手段ではないと意識を変える。

こういう才能を自分は磨きたいから
こういう仕事につきたい、それができる仕事ならなんでもやる
と言えることです。

 

どんな仕事でも自分磨きたい才能に結びつければいい。

仕事や会社を探すのではなく
ライフワークを探す。

 

才能は言い切るところに生まれる。
根拠は何もいらない。
「なんで?」と聞かれたら
「そう思うから」「そう感じるから」と答えればいい。
「データは?証拠は?」と聞かれても「ない」と言い切る。
データは自分自身のことなら言い切れる。

あくまでも根拠を自分の中に持つこと。
自分の感覚を大切にしていくことによって言い切っていく。
言い切っていけばいくほど、自分の感覚をより大切にするようになる。

 

自分と同じものを持っている相手を観ると
こいつはただ者ではない、こいつはすごいと感じる。

自分が持っていないものを持っている人を観ても
すごいと感じる。
その人と自分の相違点に気づける。

「うーん・・・」と考えるということは
今ピンと来ていない。うーんと考えるところに才能は存在しない。

 

特技は職業病。
見流したり、聞き流したりできないのが職業病。
無意識に気持ちを集中させている。
本人は気づいていないのが職業病。

 

正解できることが才能ではない。
面白い間違いができることが才能。
正解は、ただの正解で、面白いも面白くないもない。

自分自身が犯した面白い間違いをほめてあげること。
そこに才能があります。
間違いがいいのではない。
同じ間違いをするなら、面白い間違いをする。

 

自分の才能に気づく55の方法―気づきの達人

自分の才能に気づく55の方法―気づきの達人

 

 

幸福をつかむ50の習慣メモ

作用反作用の法則で、アンチが生まれたら信者も生まれる。
大切なことはアンチが生まれないことはあり得ないことだ。

レベルの低い連中からカチン!とくることを言われたとしても
あなたのレベルが圧倒的に高ければ気にならないはずだ。
もし本気で喧嘩してしまう大人がいたとしたら
それは幼稚園児並の知能ということだ。
人は同じレベル人間同士でしか喧嘩はできない。

一瞬でつまらない人間の存在を消してしまう方法がある。
あなたは自分が王様で、つまらない人間のことを召使いくらいに
考えるのだ。
中途半端なレベルではなく、超上から目線で見下してあげると
逆に非常に丁寧に接することができる。

人生を変えたかったら、目の前の決断から変えていくことだ。
なぜならあなたの人生というのはあなたの決断の集大成だから。
今までと同じ決断をしていたら、今までの人生を繰り返す。

一度もやったことのない人間が執拗にやる理由を聞いてしまうのは
単なる臆病者の証拠。やるのが怖いから時間稼ぎをしているだけ。

人はたくさん話してくれた人を好きになるのではなく
自分の話を共感して聞いてくれた人を好きになる。

人生すべてにおいてこの名残惜しさを残す習慣を徹底させることで
あなたは周囲を虜んみできる存在になる。

相手に時間をどんどんプレゼントすることによって
「もっと話したかったのに」と思わせる。
「今度はいつ会えるの?」といかに思わせるかが
その人の人望であり運の強さである。

即答しているうちに頭の回転が速くなる。
なぜなら即答する訓練をしていると、いやがおうでも量を
こなせるようになるからだ。

スピードを速くするということは、
量をたくさんこなせるようになるということ。

勇気がないから間違ってはいけないと思って、概算を即答できない
でもそれはお客様のためではなく、ひたすら自分の保身のためだ。
自分の保身のためであることは相手に必ず伝わる。

まず自分が圧倒的な存在になること
圧倒的な存在になれば周囲は放ってはおかない。
どんなに離れていても自然に吸い寄せられるように
次から次へと人が集まってくる。

グループ行動すると、必ずノロマに合わせなくてはならなくなる
ノロマにあわせると人生で最重要な時間を捨てることになる。
それどころかグループの平均値に
あなたの実力を合わせざるを得なくなる。

一人でコツコツ実力を磨いて口説かれる存在になると
人生すべてが思い通りになる。

男女の関係というのは体の構造が如実に物語っているように
結局はどこまでいってもないものねだりだ。
自分が欠けているものを穴埋めしようとする。

自分のコンプレックスを異性に求めようとする傾向がある。
その証拠に美人ほど男性のルックスには無頓着で
不美人ほど自分のことを棚に上げて男性のルックスに執着する。

一般に男性は自分のより身長と学歴の高い女性を
交際相手に選びたがらない。
女性はそれほど意識していないという人もいるが、
男性が一方的に気にする。

運のいい人が異性に求めるのは
例えば、映画を観ていて同じシーンで笑いあえることだ。
好きな人と今同じ喜怒哀楽を共有し合っていると確認し合うことこそが
人生における真の幸せなのだ。

自分が幸せに感じたことを一緒に喜んでくれる相手がいれば
それが幸せだ。

人は外見で判断していい。
特にその人の表情はその人の過去を露呈しているから、
これからつきあっていく間に、同じ人生に巻き込まれるといっていい。

自分が未熟な人にかぎって、
自分より少し不幸な人を見つけては助けたがる。
仕事ができない人にかぎって、新入社員にあれこれ教えるのが
好きな補欠の先輩と同じだ。

自分よりも不幸な人や未熟な人にやたらと目がいくのは
ひょっとしたら自分の自己満足のためではないか
と疑ってみる必要がある。
人間は隣人の成功に拍手を送るより、隣人の不幸に同情するほうが
はるかに簡単だ。
自分より常に下ばかりを観ていると、一日ごとに実力が低下していく。

運のいい人は向上心が強い。
向上心が強いから下に同情するのではなく
上にいる実力のある人のすぐれた部分に関心がある

天才というのはわざわざ自分から助けてあげようと思わずとも
自然に周囲が助かる人のことだ。

もし自分が成功していきたいと強く願うのではあれば
教訓はたった一つ。
グループ内で自分が「最後」に成功すると決めておくことである。

周囲を先に成功させると決めたら
最初は応援するだけでいいから結構楽ちんだ。
応援された仲間たちは勝手に喜んで恩を感じてくれる。

つまらない人と群がっているのも時間の無駄。
自分が成長できない、面白くない、そう感じたらさっさと
その群れから飛び出すことだ。

つまらないのに我慢しているのは、
自分自身にも嘘をついているし相手も嘘をついていることになる。
我慢して謙虚なふりをしながら、
実は人を見下している傲慢な人間なのだ。

自分が自由に生きているからこそ
周囲も自由を享受する権利があると考えている。
だから周囲からの人望も厚くなり、どんどん運が良くなる。

お金持ちというのはどれだけ人を元気にできたか
人に快感を与えたかで大きな報酬を得ている。

もしあなたが年収を高くしていきたいのであれば
人に元気を与えることだ。人に快感を与えることだ。

読書メモ140411

20140411読書メモ

【少しでも迷ったらやめていい】
自分の未来予知の感覚は、
「それはしないほうがいい」ということを
知らせているわけです。このときに、自分の本音を無視して、
無理に気持ちを盛り上げて進んでみると、
結局おかしな結果になりやすいのです。

「どちらのほうがワクワクするか」
ではなく、「どちらのほうがモヤモヤしないか」
を想像してみるのも効果的。

「何時間必要か」ではなく、
「1時間で終わらせるには」と考えよう。

まず最初に「週○日しか働かない」という目標を決めて、
それに合わせて仕事のやり方を変えていった。

先延ばしは、時間の借金。
今日出来ることを明日に延ばすと、
1時間で済むことが2時間かかることもあります。
つまり、時間の利子が発生する。

誰も興味をもたないことにワクワクする。
それを自分が面白いと感じる。
誰もが嫌だと思うことが嫌ではない。

自分の自信のカケラを集めるのが趣味です。

周囲の人たちに時間のプレゼントをしてきたから以外には
考えられないのだ。
時間のプレゼントとは、相手が絶句するほどのスピードで
仕事を仕上げ、相手が余裕をもって自分の仕事に
取り組めるように前倒しして渡してあげることだ。

100回一緒にやっても愉しい仕事を提供しろ!

明日がんばる人は貧しくなり、
今この瞬間がんばる人は富んでいく。

夢を実現する人は、今この瞬間をがんばる。
夢を語り続けて終わる人は、明日がんばろうとする。
それだけの違いだ。

「違う」の言い方は優しく。
反論の仕方が憎たらしい人には誰も賛成してくれない。

人は面白い企画そのものをやりたいのではなく、
普通の企画でいいから好きな人と面白くやりたいのだ。

人はよく教えてくれた相手ではなく、
よく聞いてくれた相手のことを好きになる。

夢を実現するのは日々の小さな約束の積み重ねの
集大成。小さな約束が自信になる。

最高のプレゼントとは、
高価な時計や宝石ではなく、
何が欲しいのかを覚えてくれていた
観察力と記憶力なのだ。

「この人は正しい」より、
「この人となら失敗してもいい」
と思わせる。

失敗のない仕事などあり得ない。
失敗した時にメンバーを笑わせてこそ
リーダーだ。

論理よりも気持ちを受け止めよう。

大切なのは「人を喜ばせたい」と思ったら、
それを自分のできる範囲で必ず形にするということ。
そして、それをくせ、習慣にしてしまうこと。
そうすれば、めぐりめぐって、いつかあなたにも
喜ばしい現象が何倍にもなって跳ね返ってくるようになる。

正しいことを貫くと貧乏になり、
愉しいことを貫くと
お金持ちになる。

決断の段階で選択肢を吟味するのはダサい。
吟味は普段人目につかぬ場所で済ませておくべきであり、
人前で吟味するのはセクシーではない。

読書メモ「20代の心構えが奇跡を生む」

「20代の心構えが奇跡を生む」

Time is life だから一時間の面接をするときに、
今、私の命一時間は他の69億人すべてを優先して、この人だけに
注ごうと決めています。

目の前の人が世界で一番大事だと確信してむきあっている。

うんざりする模範解答を強要してくる人よりも、
たとえ不正解でも周囲に多くの気づきを与えて幸せにしてくれる人
にお金が集まります。その提案をきっかえに、とんでもない価値を
生み出していけるのです。

模範解答よりも、もっと相手を幸せにする方法があるのではないかと
考えることが、大人の勉強です。

量で認めてもらったのです。
質ではありませんでした。

勉強で一番大事なことは、本当のアイデア
101個目からが勝負になってくることです。
100個までは誰でも似たような考えしか出てきません。
みんな100が限界だと思っているからです。
何でも100というとすぐにできるという感じがします。

みんなが100という模範解答から、逸脱したところからが
本当のアイデアなのです。

101個目からはもう悟りの境地に入っています。
なにがこれに関係あるの?これはないでしょ。というのが101。
気持ちよくなる。400、500はお経。

101個からが人やお金が集まってくるという世界。

常にゼロを一つ自分で鉛筆で書き加えて、
量をこなしてスピードで勝負していくと、なにも考えてない
無意識のうちから、101個目のアイデアがでるようになる。

その他大勢の羊の群れコースの人生で満足であれば
100個で我慢。

ブレイクしたいのであれば、必ずゼロを増やして101個目からの
考えをこれからの人生でアウトプットする。
実はそういう勉強のほうが、楽。

100個で縮こまって金魚鉢の中で我慢するよりも、
101個目からのアイデアを世の中に広めていく
という夢があったほうが、身体の細胞一つ一つがみなぎってくる。
「こっちのほうが楽しくて楽である」

どこでこの人に負けようかなと、それしか興味がありません。
ものすごくイキイキして「よし!千田に勝った」みたいな感じで
勝ち誇って帰っていく人は完全にファンになってくれます。
みんな逆のことをするから敵を作るし、貧乏になっていくのです。

親友の作り方は一つだけ、会ってすぐに本音を言うことです。
人と会ったらすぐに本音を言う癖をつけると、よいことが二つある。
一つは偽物の友達が去っていく。
二つ目は親友といち早く出会えます。

本当にどっちにしようかなと迷ったときに、
自分がどちらかの選択肢を選ぶかとなると、今までの過去を振り返って
こっちの選択肢は選ばないだろうなというほうを選ぶようにする。

小さな決断の積み重ねが人生をかえていく。
人生をかえるためには、日常のささいなことから、決断をかえていく。
多くの人はAとBが天秤に釣り合って迷っているフリをしながら
時間が長引けば長引くほど、今までやっていたほうを選ぶ。

決断を速くするコツは、迷えば迷うほど現状維持に傾いていくので
考える時間を0秒に近づけていくことです。

ライオンコースは楽。
実は競争率が低いから。
だから、ライオンコースを選んだ人は、
のびのびと幸せな人生を歩めます。