読メモ ~dokumemo~

自分で読んで大事だと思ったフレーズ集

読書メモ「20代の心構えが奇跡を生む」

「20代の心構えが奇跡を生む」

Time is life だから一時間の面接をするときに、
今、私の命一時間は他の69億人すべてを優先して、この人だけに
注ごうと決めています。

目の前の人が世界で一番大事だと確信してむきあっている。

うんざりする模範解答を強要してくる人よりも、
たとえ不正解でも周囲に多くの気づきを与えて幸せにしてくれる人
にお金が集まります。その提案をきっかえに、とんでもない価値を
生み出していけるのです。

模範解答よりも、もっと相手を幸せにする方法があるのではないかと
考えることが、大人の勉強です。

量で認めてもらったのです。
質ではありませんでした。

勉強で一番大事なことは、本当のアイデア
101個目からが勝負になってくることです。
100個までは誰でも似たような考えしか出てきません。
みんな100が限界だと思っているからです。
何でも100というとすぐにできるという感じがします。

みんなが100という模範解答から、逸脱したところからが
本当のアイデアなのです。

101個目からはもう悟りの境地に入っています。
なにがこれに関係あるの?これはないでしょ。というのが101。
気持ちよくなる。400、500はお経。

101個からが人やお金が集まってくるという世界。

常にゼロを一つ自分で鉛筆で書き加えて、
量をこなしてスピードで勝負していくと、なにも考えてない
無意識のうちから、101個目のアイデアがでるようになる。

その他大勢の羊の群れコースの人生で満足であれば
100個で我慢。

ブレイクしたいのであれば、必ずゼロを増やして101個目からの
考えをこれからの人生でアウトプットする。
実はそういう勉強のほうが、楽。

100個で縮こまって金魚鉢の中で我慢するよりも、
101個目からのアイデアを世の中に広めていく
という夢があったほうが、身体の細胞一つ一つがみなぎってくる。
「こっちのほうが楽しくて楽である」

どこでこの人に負けようかなと、それしか興味がありません。
ものすごくイキイキして「よし!千田に勝った」みたいな感じで
勝ち誇って帰っていく人は完全にファンになってくれます。
みんな逆のことをするから敵を作るし、貧乏になっていくのです。

親友の作り方は一つだけ、会ってすぐに本音を言うことです。
人と会ったらすぐに本音を言う癖をつけると、よいことが二つある。
一つは偽物の友達が去っていく。
二つ目は親友といち早く出会えます。

本当にどっちにしようかなと迷ったときに、
自分がどちらかの選択肢を選ぶかとなると、今までの過去を振り返って
こっちの選択肢は選ばないだろうなというほうを選ぶようにする。

小さな決断の積み重ねが人生をかえていく。
人生をかえるためには、日常のささいなことから、決断をかえていく。
多くの人はAとBが天秤に釣り合って迷っているフリをしながら
時間が長引けば長引くほど、今までやっていたほうを選ぶ。

決断を速くするコツは、迷えば迷うほど現状維持に傾いていくので
考える時間を0秒に近づけていくことです。

ライオンコースは楽。
実は競争率が低いから。
だから、ライオンコースを選んだ人は、
のびのびと幸せな人生を歩めます。