読メモ ~dokumemo~

自分で読んで大事だと思ったフレーズ集

幸福をつかむ50の習慣メモ

作用反作用の法則で、アンチが生まれたら信者も生まれる。
大切なことはアンチが生まれないことはあり得ないことだ。

レベルの低い連中からカチン!とくることを言われたとしても
あなたのレベルが圧倒的に高ければ気にならないはずだ。
もし本気で喧嘩してしまう大人がいたとしたら
それは幼稚園児並の知能ということだ。
人は同じレベル人間同士でしか喧嘩はできない。

一瞬でつまらない人間の存在を消してしまう方法がある。
あなたは自分が王様で、つまらない人間のことを召使いくらいに
考えるのだ。
中途半端なレベルではなく、超上から目線で見下してあげると
逆に非常に丁寧に接することができる。

人生を変えたかったら、目の前の決断から変えていくことだ。
なぜならあなたの人生というのはあなたの決断の集大成だから。
今までと同じ決断をしていたら、今までの人生を繰り返す。

一度もやったことのない人間が執拗にやる理由を聞いてしまうのは
単なる臆病者の証拠。やるのが怖いから時間稼ぎをしているだけ。

人はたくさん話してくれた人を好きになるのではなく
自分の話を共感して聞いてくれた人を好きになる。

人生すべてにおいてこの名残惜しさを残す習慣を徹底させることで
あなたは周囲を虜んみできる存在になる。

相手に時間をどんどんプレゼントすることによって
「もっと話したかったのに」と思わせる。
「今度はいつ会えるの?」といかに思わせるかが
その人の人望であり運の強さである。

即答しているうちに頭の回転が速くなる。
なぜなら即答する訓練をしていると、いやがおうでも量を
こなせるようになるからだ。

スピードを速くするということは、
量をたくさんこなせるようになるということ。

勇気がないから間違ってはいけないと思って、概算を即答できない
でもそれはお客様のためではなく、ひたすら自分の保身のためだ。
自分の保身のためであることは相手に必ず伝わる。

まず自分が圧倒的な存在になること
圧倒的な存在になれば周囲は放ってはおかない。
どんなに離れていても自然に吸い寄せられるように
次から次へと人が集まってくる。

グループ行動すると、必ずノロマに合わせなくてはならなくなる
ノロマにあわせると人生で最重要な時間を捨てることになる。
それどころかグループの平均値に
あなたの実力を合わせざるを得なくなる。

一人でコツコツ実力を磨いて口説かれる存在になると
人生すべてが思い通りになる。

男女の関係というのは体の構造が如実に物語っているように
結局はどこまでいってもないものねだりだ。
自分が欠けているものを穴埋めしようとする。

自分のコンプレックスを異性に求めようとする傾向がある。
その証拠に美人ほど男性のルックスには無頓着で
不美人ほど自分のことを棚に上げて男性のルックスに執着する。

一般に男性は自分のより身長と学歴の高い女性を
交際相手に選びたがらない。
女性はそれほど意識していないという人もいるが、
男性が一方的に気にする。

運のいい人が異性に求めるのは
例えば、映画を観ていて同じシーンで笑いあえることだ。
好きな人と今同じ喜怒哀楽を共有し合っていると確認し合うことこそが
人生における真の幸せなのだ。

自分が幸せに感じたことを一緒に喜んでくれる相手がいれば
それが幸せだ。

人は外見で判断していい。
特にその人の表情はその人の過去を露呈しているから、
これからつきあっていく間に、同じ人生に巻き込まれるといっていい。

自分が未熟な人にかぎって、
自分より少し不幸な人を見つけては助けたがる。
仕事ができない人にかぎって、新入社員にあれこれ教えるのが
好きな補欠の先輩と同じだ。

自分よりも不幸な人や未熟な人にやたらと目がいくのは
ひょっとしたら自分の自己満足のためではないか
と疑ってみる必要がある。
人間は隣人の成功に拍手を送るより、隣人の不幸に同情するほうが
はるかに簡単だ。
自分より常に下ばかりを観ていると、一日ごとに実力が低下していく。

運のいい人は向上心が強い。
向上心が強いから下に同情するのではなく
上にいる実力のある人のすぐれた部分に関心がある

天才というのはわざわざ自分から助けてあげようと思わずとも
自然に周囲が助かる人のことだ。

もし自分が成功していきたいと強く願うのではあれば
教訓はたった一つ。
グループ内で自分が「最後」に成功すると決めておくことである。

周囲を先に成功させると決めたら
最初は応援するだけでいいから結構楽ちんだ。
応援された仲間たちは勝手に喜んで恩を感じてくれる。

つまらない人と群がっているのも時間の無駄。
自分が成長できない、面白くない、そう感じたらさっさと
その群れから飛び出すことだ。

つまらないのに我慢しているのは、
自分自身にも嘘をついているし相手も嘘をついていることになる。
我慢して謙虚なふりをしながら、
実は人を見下している傲慢な人間なのだ。

自分が自由に生きているからこそ
周囲も自由を享受する権利があると考えている。
だから周囲からの人望も厚くなり、どんどん運が良くなる。

お金持ちというのはどれだけ人を元気にできたか
人に快感を与えたかで大きな報酬を得ている。

もしあなたが年収を高くしていきたいのであれば
人に元気を与えることだ。人に快感を与えることだ。