読メモ ~dokumemo~

自分で読んで大事だと思ったフレーズ集

借り物の言葉しか言えないことに悩むキミに。

借り物の言葉しかいえないことに悩むきみに。

 

自分の頭の中にある感情を出せず、
言いたいことが言えず
周りに訴えたいことがあっても
それをかくして無難な言葉でごまかしている自分。


他人の顔色ばかりうかがって話していると、
どこかで聞いたことのあるような耳障りのいいフレーズすぎて
血の通っていない言葉になる。
本音で話しているとはとうてい思えない言葉になる。

 

他人に認められたいあまり、どんなことを言えば相手が喜ぶか
評価されるかを考えすぎると、「自分の考え」がなくなってしまう。

 

相手の求めている言葉をそのまま出しても何の驚きもないし、
あなたと話していても何もおもしろみを感じない。

 

「人から認めてもらう」ことばかりを考えて言葉を作ってしまうと、
肝心の「自分」が抜け落ちてしまう。

言葉に自分が宿っていなければ、嘘くさくなり、人の心を動かせない。


「教えたい」は言いたいと認められたいの中間。
そもそも教えたいという感情は、本音がベースでないと決してわき上がってこない。

 

「正解」を言うことを考えるのではなく、
自分の意見を伝えるために、どうすればいいのか工夫する。

 

わたしらしい言葉を形作り、
あなたに意見を聞いてよかった、と思ってもらえる
個性的な言葉。